1. >
  2. >
  3. 銀行にはお金は置いてないの?

銀行にはお金は置いてないの?

キャッシュカードには出金限度額が

銀行のキャッシュカ―ドをATMで出金する時の一日の限度額はいくらでしょうか?答えは銀行によってまちまちで通常は自行ATMであれば一日200万円位が最高限度額です。最高限度額というのは自分で金額の上限を100万円とか150万円に設定できるという意味です。又身体認証付カードであればもう少し限度額が上がるようです。

ある都銀Aの場合は、身体認証のあるICキャッシュカードであれば自行ATMでの一日の最高出金限度額は1,000万円です。又A銀行のキャッシュカードをB銀行のATMで出金した時の場合では50万円位に制限されている所があるようですが、やはり銀行によってまちまちです。

この様にキャッシュカードの出金限度額は制限されているケースが殆どです。ですのでいくら通帳に残高があっても出金限度額を知っておかないと、大変な事になります。その様な事がないように、銀行でキャッシュカードを作った時にパンフレットを渡されたり、窓口に大きくポスターが貼ってあったりしています。

しかしそれでも、C県かその近辺にしか支店がない銀行のキャッシュカードを持って遠方に行って希望する出金が限度額を超えていて出金出来ない事があって困った、という話しを良く聞きます。勿論50万円とかいう現金は滅多に利用しないですが、でもだからこそ下ろせない事があったら非常に困るのです。

銀行の支店にはいくら現金があるのか

では本人が通帳と印鑑、更に運転免許証を持って通帳を作った銀行の窓口に行った時の出金限度額はいくらでしょうか?預金通帳を作った時に通帳と一緒に渡されるものに「預金規定」というものがあります。

出金に関するものとしては「預金の払い戻しを受ける時は、所定の請求書に署名押印して通帳と共に提出して・・・」「この預金は、当店のほか当行の国内本支店のどこの店舗でも預入れまたは払戻しができます・・・」位しか記載がありません。つまり金額の限度額についての記載はないのです。

しかし銀行の窓口に行って下ろせる現金は思っている以上に少ないのです。少し違和感を感じる方もいらっしゃるかもしれません。大きな銀行の地下に金庫に大きな金庫があって中には凄い大金が・・・と思われるかもしれませんが、銀行の支店にはそんなに大金は置いていないのです。置いている現金もその銀行や支店の規模によりまちまちなのですが。

現金が下ろせない?

ナニワ金融道の著者が、ある著書で「通帳に1億円を振り込んでその日に現金1億円現金出金したい、と窓口で言ったらどうなるか?」という趣旨の事を書いているのを見た事があります。1億円はまず出金出来ません。出金出来ないというかそんな現金は置いていません。いやあるかもしれないのですが、大量の現金を出してしまうとこれからの出金に対応できなくなってしまう恐れがあるのです。

普通、銀行の一支店の勘定としての預金量は数百億円単位である筈なのに、何故少ない現金しか置いていないのでしょうか?答えは簡単で、銀行は現金が盗難や事故にあった時の為に保険を掛けているのです。支店の残高が多ければ多い程事故が発生する確率は大きくなるので、保険料は上がります。ですので銀行は、支店の金庫に現金を極力置かない様にしているのが実態です。

それに、いくらその支店に預金量が数百億円あると言っても総預金量で、取り付け騒ぎでも起こらない限り、数百億もの現金を下ろしに来る事はまずあり得ないのです。実際に取り付け騒ぎのあった銀行では「支店窓口に現金を大量に積んで、預金者を安心させようとした」等という話しは聞いた事がありますが。

答えは、一般的な話をすれば1千万円の現金出金で現金不足という理由で出金を断られる可能性があります。もしかして5百万円位で言われる可能性もあります。要は銀行と支店の規模によりけりなのです。ではどうするのかというと、例えば本当に5百万円位を超える様な現金が必要になった時は、数日前に事前に取引銀行の支店に連絡しておくのです。大金だから出金を拒否するのではないのですので事前連絡があれば、銀行は準備しておくことが出来るのです。

では支店で対応できない現金を、いきなり窓口に出金しに来た時、実際問題として銀行はどうしているのでしょうか?「そんな現金も置いていないのか?」「どこにそんな規定があるのか?」等と怒鳴りこまれる事も銀行の窓口では良くあります。

でもそういう時は良く話をしてみれば、結局は振込でも良かったり、小切手でも良かったりするケースが殆どで、手数料さえ納得してもらえば現金を下ろす事はありません。しかし本当にそう言う事は何も知らずに、5千万円の現金が今日中にどうしても必要という預金者も必ずいます。

その時は近隣の現金の余っている支店に行員が現金を取りに行ったり、本店から現金を送ってもらったりして対応する事もあります。現金は本当に危険ですので注意が必要なのですが・・・・