1. >
  2. >
  3. 銀行から見た決算書とは?利益と資産を見られる決算書

銀行から見た決算書とは?利益と資産を見られる決算書

<銀行にとって融資とは収益の柱>

銀行は企業に融資をして利益を上げています。預金者から預かった資金を原資として自己の勘定で融資するのです。そして融資して得る貸出し利息が銀行の収益の源泉となります。銀行の他の業種と違うその特殊性は、一旦融資してしまえばあとは自動的に利息が入ってくるという事にあります。販売業が自社の商品を販売し続けないと、売上が発生しない仕組みとは根本的に違います。

こういう仕組みを指して不労所得等と言われたりします。ここで注意しておかないといけない事は、融資したその中身、企業の質の問題です。融資したお金が、利息としてきちんと返ってくる仕組みを作る為には、きちんとした所に融資する必要があるので、銀行の業務というのはその企業が融資した資金を返す事が出来るかどうかを判断する事に尽きるという事になります。

そこが崩れてしまうと、銀行の収益の柱である利息収入が根本的に崩れてしまうからです。では、融資した企業がきちんと資金を返済していけるのかどうかの判断はどういうふうに、何を基準にして行っているのでしょうか?

<審査に重要な決算書>

銀行が融資審査において一番重要視しているもの、それが決算書です。一部上場の大手企業であっても、従業員10人の町工場であっても融資を受ける時には必ず必要な重要書類です。勿論銀行が決算書だけを見て融資するしないを判断する訳ではありませんが、決算書は融資判断の中でかなり大きな部分を占める書類になっています。

その決算書を縦から斜めから、表から裏から見て分析して、融資した資金が帰ってくるのか来ないのかを判断するのです。銀行の収益の柱が利息であって、その利息を生む根源的なものが融資である限り、いつの時代にも銀行には、その決算書を分析する能力が求められるのです。

銀行の融資判断で他に重要なものの中に、担保の有無がありますが、まず第一に重要視されるのはやはり融資金を返す返済能力の有り無しです。返済能力が無い先には担保の有無は意味がないものなのです。因みに、銀行融資に似たようなものの中に株式投資というものがあります。株式投資も主に決算書をみて、その株式に投資するかしないかを判断をしますが、株式投資は一旦投した資金は売却という行為で投資資金を回収する事ができますが、銀行融資は一旦融資してしまった後は返済を待たないと融資した資金の回収は出来ません。そういう意味で銀行融資は株式投資とは根本的に違うのです。

<決算書を見て審査する>

決算書は企業の業績の集約表です。企業の大切な情報が満載しています。その基本的な構造は簡単にいうと「売上と利益」、「資産と負債」の二つからなります。もう少しいうと「売上から経費を引いた残りの利益」「資産から負債を引いた残りの純資産」の二つから構成されます。このふたつの構造からなる決算書を何度も繰り返し見て分析をして、融資の判断をするのです。

ここで細かい会計の話をするつもりはありませんが、一つだけ説明すると単純な話かもしれませんが、企業の借入金の返済の原資となるものは「売上から経費を引いた残りの利益」からなるのです。売上金から返済は出来ないのですから。

例えば最終利益が年間1,000万円の企業が、年間総額1億円の元利金の返済をする事は不可能である、という事です。これが銀行の融資判断の基本中の基本なのです。「売上から経費を引いた残りが利益」ですので、その意味から言えば、例えば仮に年間の売上が1,000億円を誇る企業であっても年間の最終的な利益が1,000万円であれば、年間総額1億円の借入金の返済は出来ないと判断されるのです。

勿論その現象が一時的であったりとか、返済可能なストックが十分あったりとかで、単純に即融資不可とはなったりはしないのですが。以上は凄く極端な話ではありますが、基本的にはこういった事の積み重ねを続けながら、銀行は決算書を見て融資の審査をして行くのです。

決算書はそのエッセンスは僅か数枚の用紙に集約されますが、その数枚の資料を説明する為に上場企業の決算書等は莫大な資料になります。上場企業に限らず決算書の資料は普通は多くの資料からなっています。銀行がこの資料を審査と称してどこまで読み解く事が出来るのかは分りませんが、とにもかくにも銀行はこの決算書を融資判断の拠り所としているのです。