1. >
  2. >
  3. 過払い金~って何?

過払い金~って何?

過払い金とは、簡単に言えば、「払い過ぎた利息」のことです。
過払い金は、返還請求をして認められると、現金で返ってきたり、
まだ借り入れがある人の場合はその借り入れと相殺になったりします。

しかし、過払い金が発生する経緯は、なかなかに複雑です。
今では、過去の裁判で出た判決…判例の影響から、
過払い金がある場合はその返還は当たり前のようになっています。
ですが、過払い金の返還や返還請求については、
いくつかの問題点も指摘されています。

もしあなたが過払い金の返還請求をお考えでしたら、
まずは正しい知識を身に付けることが大切です。
問題点の中には、過払い金問題についてよく分からないまま、
過払い金返還請求を弁護士に依頼した結果、
トラブルとなってしまった人もたくさんいるからです。

「分からないから弁護士に頼むんじゃないか」と言われれば
その通りなのですが、自分の権利を守るのはあくまでも自分です。
ここでは、可能な限り分かりやすく、そして、できるだけ偏りのない視点で
ご案内していきます。

私個人としては、消費者金融に勤務する立場ですので、
過払い金の返還は会社のマイナスにはなってしまいますが、
それがお客様の正当な権利である場合は、行使されるのはいいと思っています。

しかし、過払い金は、
「何の理由もなくただ単に払い過ぎた利息」ではありませんし、
「何の理由もなくただ単に返してもらえるお金」でもありません。
正しい知識は、自分の身を守るためにも役に立ちます。
ぜひ過払い金について、正確な知識を身に付けておいて下さい。

それではまずは、なぜこのような過払い金が発生してしまうのかを
ご説明しましょう。

法律のダブル・スタンダード

日本の法律において、金利について定めている法律は2つあります。
1つは利息制限法
もう1つは出資法。こちらは正式には
「出資の受入れ、預り金及び金利等の取締りに関する法律」といい、
略して出資法と呼ばれます。
どちらにも、「これ以上の金利にしてはいけませんよ」という
上限金利について定めている項目があります。
しかし不思議なことに、この上限金利が、2つの法律でそれぞれ異なるのです。
このような状態を、法律のダブル・スタンダード(二重規範)といいます。

過払い金が発生する可能性を作った、もっとも根本的な要因は、
この法律上の上限金利の差にあります。
次回は具体的に、この差によってどのような事態が起こったのかをご説明します。