1. >
  2. >
  3. カードローン返済ができない…どうする?どうなる?

カードローン返済ができない…どうする?どうなる?

カードローンで借り入れがある以上は、毎月1回、返済を行う必要があります。
もちろん、決められた金額を返済できれば問題はありません。
ですがもし、どうしてもその日に返済できそうにない場合は
どうなるのでしょうか?
また、どうしたらいいのでしょうか?
まずは、業者の方からはどういった対応がされるかをご紹介しましょう。

①カードローン会社から電話がかかってきます

日の翌日に、ローン会社から電話がかかってきます。
順番としては、携帯→自宅→勤務先、という順でかけるのがふつうです。
勤務先までかけるのは、何日間か、携帯や自宅にかけても音沙汰が無いときです。
それぞれの会社の方針や、電話の担当者にもよりますが、
支払い遅れ1日目に携帯へかける電話の意味は、
催促というよりはご案内とか確認の意味が強いかもしれません。
特に、契約してから初めての返済日である人や、
今まで遅れなく返済をしてくれていた人であれば、お忘れだったのかな?とか、
昨日は何か都合が悪かったのかな?など、考えられる余地があるからです。
しかし、数日経っても連絡が来ず、返済もされないとなると、
事情は変わってきます。

考えられる可能性が、

・意図的に、返済しないつもりである
・意図せず、返済できない状況に陥っている

いずれも、返済が成されないのではないかという危惧になってくるのです。
消費者金融は、お客様が返済して下さらなければ利益が生まれない商売です。
自分の収入が無くなるかもしれないとなったら、誰だって困りますよね。
貸している側にとって、最も不安なのは、
連絡が取れない限りはお客様の状況が全く分からないことです。
どうしても電話で連絡が取れないような場合は、次の手段となります。

②督促書面を送ります

ご自宅に郵便で書面が届きます。
これは返済が行われるまで定期的に送られてきます。
加えて、電話もかかってきます。
ここまでくると、もしご家族と同居していて、
内緒の借り入れだった場合は、ばれる可能性が非常に高いでしょう。
それでも返済されなかったり、何の連絡も無ければ、請求内容が変わります。

③一括請求が行われます

一定期間返済が行われなかった場合、契約は解約となります。
督促金額は、一括返済の金額になります。

④法的措置

解約後は、強制的に回収が行われる可能性は十分にあります。
この方法は、会社側にとっても非常に負担のかかる仕事なので、
よっぽどの場合ではありますが、いつでも可能だということは
覚えておいて下さい。