1. >
  2. >
  3. カードローンで総量規制を超えた借り入れがしたい!?

カードローンで総量規制を超えた借り入れがしたい!?

総量規制について

2006年の貸金業法改正において、目玉のひとつとも言えるのが、
総量規制の導入です。
これは、貸金業者は、借りる側の年収の3分の1を超える金額を
融資してはいけないという、過剰貸し付け防止策としては
大変画期的な法律であると言えます。
改正前の貸金業法でも、返済できないような過剰貸し付けを行ってはいけない
という旨の文言はありましたが、具体的な金額などは指定されておらず、
実際には当然のように、借りる側の返済能力を超えた貸し付けが行われていました。
その結果、多重債務を理由とする自己破産や自殺に追い込まれる人が
後を絶たなかったのですが、2003年に行われていたヤミ金対策としての
法改正と、この2006年の法改正以降は、それらの数字も年々減少しています。

これだけをお話しすると、では総量規制はいいことずくめであると
思われるかもしれませんが、実は大きな問題があるのです。
それは、年収の3分の1を超える金額は貸せない・借りられないということです。
それを規制するための法律なので当たり前と言えば当たり前なのですが、
実際には、年収の3分の1以上の融資を必要とされる方は非常に多くいらっしゃいます。
この問題に対しても、改正された法律には但し書きがありまして、
総量規制は一応「原則」とされています。

総量規制の例外

例外はいくつかありますが、主なものは、

・緊急の医療費
・借りる側にとって利益となるもの(いわゆる「おまとめローン」など)
・事業性の融資


などが挙げられます。 つまり、このような例外的な理由があれば、
年収の3分の1を超える金額が貸せる・借りられるというわけです。

ですが、これでもやはり問題が残ります。
例外的な理由の無い人は、やはり総量規制の枠内でしか融資ができません。
例外に当てはまらないというのは、つまり普通に借りたい方、
遊びや買い物に使うことを目的とする、個人の消費性融資といわれるもので、
実際のカードローンはほとんどがこれになります。
このような人が、なんとかして年収の3分の1以上を借りたいと思って
ウソをつくとしても、上のような例外枠での
借入審査を通過するのはまず無理でしょう。緊急の医療費ということであれば、
それを証明する病院側の書類などが必要となるでしょうし、
事業性の融資であれば経営に関する書類などが必須となってきます。
おまとめローンに至っては、返済を目的としていて、
新たな融資が行われるわけではありませんので、借りたい方には論外ですね
(おまとめローン自体は、使い方によっては非常に利益の大きい商品ですので、検討の価値ありですが)。

それでは、借り入れはもう諦めるしかないのかと言えば、それは違います。
次は、普通に借りたい方が総量規制を超えて借りられる方法をお話ししましょう。

年収の3分の1を超える借り入れができないというのは、
法律に定められた決まりです。
貸金業法に則って営業している真っ当な貸金業者であれば、
何らかの過失などのミスでもない限り、意図的に総量規制を超過した
貸し付けを行うことはまず無いでしょう。
ですが、それでも借りたいという人が借りる方法があります。

総量規制を超えて借りられる方法

それは、貸金業者以外から借りる、というものです。
この総量規制は、貸金業法に定められているものです。
つまり、貸金業法に縛られていないところからの借り入れは、これに含まれないのです。
これは法律の抜け穴でも、裏ワザでも、違法行為でもなんでもありません。
知らずに使っている人も多いと思います。

では、貸金業者ではないところとはどこかというと、銀行です。
銀行は、貸金業法ではなく、銀行業法に基づいて営業していますから、
総量規制の影響を受けません。銀行の審査さえ通れば、
年収の3分の1以上の融資を受けることは、合法的に可能なのです。
ただし、これはあくまで理論上であって、実際のところ銀行の融資の審査は、
消費者金融より厳しいというのが通説です。
また、銀行でのキャッシングの審査には、かなりの日数がかかる場合が多いようです。
早くお金が手元に欲しい方や、自分の信用情報に自信が無い方には、
あまり有効な手段ではないかもしれません。

だからと言って、違法であるヤミ金に手を出してしまうのは、
絶対にやめて欲しいと思います。
現在では「ソフト闇金」と呼ばれるようなヤミ金もあるようで、
金利も、改正前の貸金業法に定められていたものとそんなに大きく
変わらないということから、どうしても借りたいという人が
手を出すケースも増えているそうです。
しかし、忘れないで頂きたいのは、その金利で、おびただしい数の
自己破産者や自殺者が発生していたということです。

どうしても借りたい方は

それでも借りたい、と思われる人にお願いです。
まずは公的機関に相談して下さい。
借金については色々な相談所がありますが、まずはどこでも構いません。
分からなければ、とりあえず町役場や市役所の窓口にでも
聞いてみることです。電話でもいいでしょう。
場合によっては、国から特別融資などを受けられるかもしれません。
それが無理でも、ヤミ金に手を出さずに済む方法が見つかる可能性は十分にあります。

重要なのは、手遅れになる前に手を打つことです。
通常の融資の申込みでも、他社の支払いが遅れていたら
融資できないということがあります。
遅れる前に申し込んでくれれば貸せたかもしれない
というケースが山のようにあるのです。
更に、おまとめローンなどができれば、毎月の返済額を減らすこともできます。
手遅れになる前に、どうかご相談下さいね。