1. >
  2. >
  3. 積み立てたお金で大学へ!出費の多い3月4月のカードローン

積み立てたお金で大学へ!出費の多い3月4月のカードローン

2月は年を越した後のイベントがひと段落し消費が落ち着く方も 多いのでは。そんな2月も終わり3月が始まりました。 この季節は年代によっては重要な時間になりますね。

<学生とか>

・新生活に合わせて引越し先を決める人が多い

・就職が決定した卒業生が旅行やスーツを買う

・大学2年3年生は就職を開始する

<その他>

・年度末に向けて売上確保をする企業が増える

・新生活キャンペーンを開始する家電屋さんが増える

という具合に人生が動く人に合わせ企業、サービス業の方々は 色々と準備が大忙しです。息子娘さんを学校に通わせる親御さんも非常に大変な出費になるかなと思います。

この記事は誰に向けてというわけでもないのですが、カードローンや学校の奨学金等が必要になってくることも多いという話と、学校に行く方はこれだけ大変なんだということを理解したほうがええんちゃう。というおせっかいな話になります。

地方から東京の大学に入学する方まずはおめでとうございます

まだ結果も出ていない人も多数だと思うんですが、まず受験費用だけでも センター試験や試験の費用だけでも滑り止めの学校を例えば5校受験するだけで 20~30万。それに地方の方だと、都度上京、宿泊施設の確保等もありますから 上乗せで費用が発生します。そのた塾代なんかもかかってきますね。 ~100万なんてのはくだらないです。

そして合格。初年度の費用は私立大で~150万程度かかるわけですね。 引っ越し費用及び新生活の家電、生活諸々の雑貨等々そろえるといくらになるでしょうか。 このあたりはそれぞれの生活レベルになると思います。

本当にざっとした計算でも300万程度はかかってしまう。日本全国の多くの親御さんがこれを普通に子供の為に支払っているというのは物凄い事です。 世の中が当たり前という風潮ですが、実際かなりきついですよね。

だから学資保険とか、子供が生まれてから貯金を始めるわけですが、これを当たり前と考えるのは本当にそろそろやめにしませんかと思うのですね。

なんとなく、当たり前の様に費用負担をしてもらっていて、いくらくらいかかるのかを把握している学生さんは少ないのではないかなと思います。

ちょっとだけ裏側を知り費用を把握するだけでも、しっかりと自分の為にお金を用意してくれたんだ。ということが理解できて良いのかなと思います。

バイト初めてクレカ作ってリボってって流れは避けることをすすめる

バイトすることは大賛成で、先に書いた親の苦労の有難みを感じつつ勉強をする ということも大事なのだけれど、正直学校で学ぶというのは授業よりも社会に触れることが大事だと思う。社会に出たらコミュニケーション能力は絶対に必要な能力だが大学の教授にそういった能力を持っている人は少ない。だからバイトでそういうのは学んだほうが良いと思う。

稼いだお金で旅行にいくのもいい。IT系の企業を目指すなら今のうちに色んなサイトを使ってみたり、できればプログラムを学んで作ってみてもいいだろう。 とにかく触れておくことはとても大切だと思う。

スマホがないと何もできない状態だから諦めるとかいっちゃうのは本当に将来後悔するからそれだけは辞めたほうが良いと思う。

で、そういった物欲に比例して必要になるのがお金。バイト代だけでは足りないとなるのがオチなのだが、親が支援してくれるならそれが一番だけど、それが無理なら数カ月頑張って貯めるか借りるかしかないでしょう。

そういった時知識が少ない20歳の学生さんが手を出してはいけないのがリボ。 クレジットカードを作れるというのは、この人間社会、高校で人権があまりなかった若者にとってはすごく大人になれる気がするツールだと思う。

作るのはいいのだけど、リボだけは手を出さないほうが良い。 通常のカードローンとあまり変わらない気もするというのもわかるのだが、知らずに使ってしまい返済が全然できていなかったというのがリボの一番の落とし穴なので。以上。