1. >
  2. >
  3. 知らないと損!おまとめローン~おまとめだけの特権

知らないと損!おまとめローン~おまとめだけの特権

A社とB社の借り入れ合計額が、既に総量規制を超えている場合、
C社で同じ金額の融資を受けるおまとめローンは、
法律違反となってしまって契約できないのでしょうか?

正解は、契約できます。

おまとめローンの特権

どうして総量規制を超えて契約できるのか?
実は、総量規制にはいくつかの例外項目や除外項目が定められていて、
それに該当すれば年収の3分の1を超えても融資が可能となります。
たとえば、緊急の医療費、自営業の人のための事業資金、
そして、借りる側が一方的に有利になる借り換えなどです。
おまとめローンはこの「借りる側が一方的に有利になる借り換え」に
当てはまります。有利になるというのは、金利が下がるとか、
月々の返済額が下がることなどを意味します。
つまりおまとめローンは、法律上、借りる人の得になると
認められた商品なのです。

貸す側は損なのか?

借りる側にとって得ということは、貸す側にとっては損なのでしょうか?
いいえ、そんなことはありません。
貸す側にしてみれば、総量規制にかかっているお客様には、
これ以上融資をしてあげたくてもできません。
貸す側も商売ですから、1人でも多くのお客様に、
1円でも多く、自分の会社で借りて欲しいというのが本音です。
しかし、お客様がすでに他の会社で多額の借り入れをしていると、
そのまま融資をするのは総量規制に違反してしまいます。
ところがこのとき、お客様が自分の会社でおまとめローンを
してくれたらどうでしょう。
お客様の手元にお金が入る融資ではありませんが、貸す側にすれば、
自分の会社での貸付ができるということは利益になるわけです。
おまとめローンは、銀行系や消費者金融など、
多くの業者で扱われている商品です。
他の業者と金利の低さを争っていますので、
うまくするとかなりの低金利で利用することができます。

おまとめローンによって何が変わる

おまとめローンにすると、今まで複数の会社に行っていた返済が
1社で済みますので、管理も非常に楽になります。
毎月1度はコンビニなどから入出金していたとすると、
手数料だけで1000円近く払っていたということもあります。
また、ばらけていた債務をまとめて総額を知ることで、
借金に対して向き合ういい機会にもなります。

おまとめローンは返済するだけの商品です。
そこが良い点でもあるのですが、やはりまた借り入れがしたいという人は、
新たに融資の申込みをすることもできます。
このとき、できればおまとめローンをしている会社で契約をすると、
融資の金利も通常より少し下げてもらえる可能性もあるのでオススメします。