1. >
  2. >
  3. 発行無料のカードローンなのに作っておくって選択は少数派?

発行無料のカードローンなのに作っておくって選択は少数派?

調査母数は知人だけですが、カードローンは焦って借りる人が断然多いです。 だから即日融資希望者ばかりで時間は?いくらまで?俺は、私は借りれるの? という声が多かったりします。

基本的に一度審査に通れば与えられた枠までは使えるのでそういうった発行後の型の質問は少なかったりしますね。

なぜ先に作っておかなないのか?冒頭の種類の人は良いとして、最近書いている事前に将来のことを予測するという話ですが、あきらかにお金、予算が足りない時はわかるものです。その解決の一つの手段としてカードローンを使うか否かはそれぞれの自由ですが 発行自体は無料なのだから先に作っておけばいいのにと感じてしまいます。

初めての方が不安になることとなんで先に作らないのか?まとめ

1.その発想がそもそも論としてない

そもそも論としてその発想がなかったわ。とか当サイトが結構頻繁に否定している クレジットのキャッシング枠でリボが使えたので、カードローンは利用しなかったなどの パターン。

2.解約手数料とか何かしら費用がかかると勘違いしている

カードローンは借りてから利息が発生します。とても普通の事ですが 知らない、使ったことがないという場合は、え?そうなんだ。と思う方もいるのかもしれません。基本的に解約は電話一本でOKですんで、これが理由で作っていないならつくちゃっても良いかも。

3.あると使ってしまいそうだから作らない

これは賢いですね。手元にあると無駄遣いをしてしまいそう。 特にまとまったお金が必要ないというのであればカードローンする意味がないので そのほうが賢明ですね。ただこういった方に限って焦って借りたいとなり、その日に借りられないということもあるかもですから、事前に予算管理はしておきましょう。

焦らず作る最大のメリットは金利や条件を比較して探せることに尽きる

焦ってしまうと先にいったとおりすぐにカード発行をしなければいけなくなる為、申込する対象が限られてしまいます。これを仮に1週間だけ余裕を持つだけで幅が広がります。

例えば多くの銀行が提供しているカードローンは3日~1週間くらいは見ておけば十分ですが即日となると、かなり数が限られてしまいます。

別に消費者金融でも悪くはないのですが、せっかくなら良いサービスの母数が多いほうが後悔は少なくなるでしょうし余裕を持っておくことのメリットは細かいところで差が出てきます。

個人カードローンは面談とかはするわけではないですが、計画性は印象いいですよね。 会社や個人事業で銀行からお金借りる時とか、事業計画から入って予測して予算取りしどのくらいで回収可能かってことを計算して例えば500万の融資をお願いしますという流れが普通ですし、個人も本来はそうあるべきかなとは思います。

でもいちいち面談なんてやってられないんでしょうね。だから自己管理をしっかりしないといけないという側面もあるのかなと思います。