1. >
  2. >
  3. 投資信託の基礎知識 1万円から始められるがリスクも多数

投資信託の基礎知識 1万円から始められるがリスクも多数

投資信託とは

投資信託(=ファンドとも言います)とは、不特定多数の投資家から集めた資金を一つの大きな資金としてまとめ、運用の専門家が株式や債券等に投資運用する商品で、その運用成果がそれぞれの投資家の投資額に応じて分配される仕組みの金融商品です。集めた資金をどのように運用するのかは、投資信託毎の運用方針に基づき、その運用の専門家が決定します(以上一般社団法人投資信託協会HPより転記)。

投資信託という言葉を聞いた事は誰であると思います。投資という言葉が付いているだけで良く分らないから避けているという方もいらっしゃいます。投資信託は確かに元本を保証するような金融商品ではありませんが、上手に利用すれば魅力な商品です。今回は投資信託について基本的な事を基礎から考えて行きたいと思います。

投資信託のメリット

第一として少ない金額から購入出来る事です。通常株式とか債権に投資する時はある程度纏まった金額が必要になりますが、投資信託は10,000円程度から手軽に始める事ができます。第二として分散投資ができます。分散投資を考えて投資するとすると一般のサラリーマンでは投資先を調べたりするのに手間暇がかかり多くの時間を割いてしまうのです。第三として普通では投資出来ない様な金融商品、外国株や外国債券等を投資信託を通して投資する事が可能とります。

以上は投資信託とは何か、という時に良く目にするお決まりの文句の様なものです。確かに投資信託の最低購入金額は1万円が多いですが、株式も以前と違いかなり購入しやすくなり、昔あった1,000株まとめてじゃないと替えない様な縛りは無くなりました。極端な話数百円で購入出来る株式もあるし、数千円台で購入出来る株式等いくらでもあります。しかし投資信託のメリットは、数十万円単位でしか取引できない様な株式も1万円から投資出来るという事にあるのです。

分散投資も今や分散投資等存在するのかというほど、価格が下落する時は一斉に殆どの銘柄が下落する事が多くなりました。それ程世界の情報と経済は繋がっていて、一つの情報に殆どの金融商品が一方向に向かって値動きするようなケースが増えています。しかしその様な経済環境の中で、確かに高パフォーマンスを残すファンドも存在しているのです。投資信託を利用する事でしか購入できない金融商品も確かに数多くあり、このことこそが投資信託を利用するメリットと言えるかもしれません。

投資信託のデメリット

第一に投資元本が変動します。教科書的に言えば「価格変動リスク」や「信用リスク」等様々なリスクがありますが、要は投資した元本が変動するという事です。勿論投資金額が増えたりする事もありますが、この投資した元本が増える事も含めて変動する事を、投資の世界では「リスク」と呼びます。「リスクが大きい」というのは「価格の変動の上下の振れ幅が大きい」という事なのです。

第二に様々な手数料がかかります。基本的に投資信託の購入時に「販売手数料」、投資期間中に「信託報酬」がかかり、換金(≒解約)する時に「信託財産留保額」というものがかかるファンドもあります。

今ここで売れ筋のファンドの例を見てみます。フィデリティ・USハイ・イールド・ファンドという投資信託があります。これはフィデリティ投信という運用会社が設定して運用しているファンドで過去1年間の騰落率が+18%(15年4月末現在)で、かなりの人気の商品です。過去3年間では+58%を記録しています。

このファンドは販売する証券会社か銀行で購入できます。購入手数料は金額の3.24%かかり購入先の証券会社か銀行に支払います。そして購入後は1.7064%の信託報酬を、運用会社のフィデリティ投信に支払いますが先の騰落率+18%というのはこの信託報酬を控除した後の金額です。換金時の手数料はかかりません。よってこの投資信託に1年前に100万円出して投資した場合、先に手数料を差し引かれて967,600円を投資した事になり、その資金が18%の値上がりした結果1,141,768円になったという事です。

このファンドの投資方針は米ドル建ての高利回り債券への投資です。高利回り債券とは余り格付けの高くない事業債の事で比較的利回りが高い商品です。ドル建てで為替ヘッジを行わないので為替リスクを直接受ける事から、過去3年は高いパフォーマンスを記録したものと思われます。

この様に投資信託ではかなりの高利回りを期待できる商品が存在する半面、元本割れして回復の見込みのないファンドも数知れず存在します。その運用形態や仕組みは銀行の預金とはかなり違ったものですので注意が必要なのです。