1. >
  2. >
  3. 家族にナイショでカードローンを借りる心得と悪あがき

家族にナイショでカードローンを借りる心得と悪あがき

「妻にはナイショなんで…」
私が勤めているような消費者金融のお客様は、半分以上が男性の方なので、
このようなお声は非常に良く聞きます。
もちろんこれ以外にも、ご主人様にナイショの奥様、
ご両親にナイショの若い人など、様々です。

わざわざそんなことを言って下さらなくても、お客様のプライバシーには
最大限配慮していますので、お客様さえうまくやってくれたら
バレやしませんよ、というのが本音ですね。
まったくの個人的な意見としては、大切な家族にナイショで借金というのは、
あまり好ましくないとは思います。しかし貸す側の視点として見ると、
ナイショだというのはむしろ良い意味でとらえられることもあります。

返済が期待できる

家族にナイショにしたいという人は、ふつう、家族と同居している人でしょう。
同居の家族にバレる恐れがあるとすれば、そのきっかけは何でしょうか?
それはおそらく、業者の方からお客様の家に連絡がいった場合に
多いと思われます。連絡とは、電話や郵便のことですが、
ではこの連絡が家にきてしまうとしたら、どんな時でしょうか?

そう、返済が遅れたときですね。
このため、家族と同居していて、しかもナイショだという人には、
返済が遅れないのではないかという期待ができる、という見方もあるのです。

更に、この人が家族を養っているような場合は、
社会的な地位や立場もあり、守るべきものがある人ですから、
仕事を辞める可能性などが非常に低いと考えられます。
返済に対する意識も高く、返済のための資源も確保できるとなれば、
貸す側としてはむしろぜひ貸して差し上げたいお客様に違いありません。

事実、日本貸金業協会のリサーチ結果では、貸金業者を利用している
お客様の内訳として、30~50代で年収300~700万円の男性の層が、
ダントツの割合を占めているという結果が出ています。

バレる原因から、バレない方法を探そう!

では、どうすれば家族にバレずに借り入れが続けられるでしょうか。
業者の側からも、お客様のプライバシーを守るためにできる限りのことはします。
家に電話をかけてもご家族の方には社名は名乗らないとか、
郵便物は中を開けないと社名が分からないようになっているとか…

それでも接触の機会がある以上、危険性はあります。
では今度は、お客様ができる範囲で、可能な限りバレない方法を考えてみましょう。

まず、返済が遅れてしまうと連絡が来るのは仕方がないことなので、
とにかく遅れない・遅れるときは事前に業者に連絡しておくというのは基本中の基本です。
ただし、連絡が来ないようにと連絡先を偽るのは契約違反ですが、
自宅の電話について言えば、最近は携帯電話が主流で、
自宅に固定電話を設置していないという人も多いですね。
このような場合はとりあえず、家への連絡は郵便だけになります。

遅れずに返済をする以外にも、家族にバレるリスクを
減らすためにできることはあります。

業者からの連絡を拒否する

業者がどう対応してくれるかにもよりますが、
事前に、返済遅れ以外では一切の連絡をしてこないように、
などと言っておくのも有効かもしれません。

業者によっては営業の電話をかけてくるところもありますが、
それが携帯電話の着信履歴に残っていてご家族に見られてしまった場合、
疑われたり調べられたりするとかなり危険です。
また、申込みをインターネットなどから行うと、
控えのメールが送られてくることがあります。
この控えは保存して下さいというような旨がメールには
書いてあるかもしれませんが、着信履歴同様、
これを残しておけば見られる可能性も残ります。

他人の携帯電話を見る行為自体には賛否あるでしょうが、
わずかな危険性も潰しておきたいという人は対処しておくべき点です。
返済遅れ以外では連絡が来ないなら、返済さえ遅れなければいいわけですからね。

カードを捨てる!?

更に徹底するなら、カード自体の取り扱いも考えましょう。
カードローンなのですから、当然カードを持っているはずです。
財布に忍ばせている人、カードケースに紛れ込ませている人、
会社に置いてある人…みなさん、色々対策を取っているかもしれませんね。

万一にでも家族の目に触れるかもしれない場所に保管しないのは
もちろんのことですが、極端な人だと、カードそのものを処分してしまう
ということもあるそうです。
これもまた業者のシステムなどにもよるのでしょうが、
ひとつ、自分しか知らない、これもまたナイショの銀行口座を
持っていると案外不便は無いかもしれません。

たとえば、新しく融資を受けたい場合は、
自分の銀行口座へ振り込みでの融資を依頼します。
返済は、口座引き落としにするか、業者の銀行口座に直接振り込むか、
店頭窓口が近くにあればそこでも返済はできるはずです。
新たな融資が必要なく、返済のみの利用なら、カードでお金を
引き出してしまったあとカードを処分して振込返済だけにすれば、
ナイショの銀行口座さえも要りません。

しかし、カードによっては、キャッシングのカードがクレジットと
一体型のものだったり、銀行系のカードの中には預金口座のキャッシュカードと
一体型になっているようなものもありますので、その場合には
カードを処分するというのはなかなか難しいかもしれません。
また、その業者が振り込みでの融資を行っているかにもよりますので、
そのあたりは調べたり問い合わせたりしてみてから行動に移りましょうね。

ちなみに、銀行系や信販・流通系は、そもそも最初にカードが
家に郵送で送られてくることがほとんどです。
その点では、窓口や自動契約機でカードが発行される消費者金融を
選ぶのがよいでしょう。