1. >
  2. >
  3. 家や会社に電話!?~カードローンの在籍確認

家や会社に電話!?~カードローンの在籍確認

審査のときには絶対に必要だけれど、これを嫌がるお客様はとても多い。
それが、在籍確認と呼ばれるものです。

在籍確認って?

在籍確認とは文字通り、お客様が申告している家や勤務先に、
今現在本当に在籍しているのかということを確認する作業です。
基本的には電話で行われます。
電話口に出た第三者から確認が取れるのが、最も信憑性が高いからです。

この電話での確認にも、かつては問題がありました。
お客様と第三者が、グルになることがあったのです。
お客様が、架空の会社をでっち上げて申告し、
申告された電話番号に在籍確認の電話をかけると、
第三者が同じく架空の会社を名乗って、お客様の在籍を肯定するというものです。
これは完全な詐欺罪であるとともに、見破るのがかなり難しい、困った問題でした。
しかし今では、インターネットの普及や情報管理システムの向上によって、
こういったケースはほとんど皆無となったように思われます。

在籍確認についてもっと詳しく

話が少し逸れてしまいましたが、どちらにしても在籍確認は行われます。
消費者金融の側でも、お客様のプライバシーには最大限配慮しており、
原則、消費者金融の社名を名乗ることはありません。
電話に出た第三者から尋ねられた場合は、
実際に電話をかけている自分個人の名前を名乗るのが普通です。
私個人は、ナンバーディスプレイにも気を遣っており、
可能であれば発信元の番号を非通知でかけるようにしています。
全ての在籍確認で番号非通知が徹底されているかまでは分かりませんが、
よっぽどのことでもない限り、在籍確認の電話だけで消費者金融からの
借り入れが家族や勤務先に知られる可能性は低いと思います。
ですが、場合によっては、怪しまれる可能性はあるとも言えます。

たとえば、保険会社に勤める外交員さんでしたら、
名指しで会社に電話がかかってくるのは珍しくもなんともないでしょう。
電話に出た第三者の人もおそらくは、お客様からかかってきた
とでも思うに違いありません。
しかしそれが、5人くらいの小さな事務所で、
普段は電話も滅多に鳴らないような会社だった場合、
突然個人宛ての電話がかかってくると、ひどく違和感がありますよね。

その他、様々な理由から電話での在籍確認を拒否されるお客様は、
では融資が受けられないかというと、一応他にも方法はありまして、
書面で確認が取れればOKということもあります。 しかしやはり大原則としては電話ですので、訳あって電話はやめてほしいという方は、
きちんとその理由を説明して頂くのがいいと思います。
それが納得できるものであれば、書面でもOKになる可能性は高いでしょう。

ちなみに、消費者金融ではなく、一部の銀行系のカードローンでは、
在籍確認時に身分を尋ねられた場合は銀行名を名乗ります
と明言しているところもありますので、要注意です。