1. >
  2. >
  3. 初めてのカードローン~お申込みからご返済まで

初めてのカードローン~お申込みからご返済まで

①申し込む!

とにもかくにも、申し込まなければ始まりません。
ここぞと決めた会社に、カードを作るための申込みをしましょう。
申込みは、店頭窓口・電話・インターネット・無人の自動契約機からなど、
会社にもよりますが色々な方法があります。
それぞれの申込み方法のメリット・デメリットについては
別途ご紹介しますので、好きな方法を選んでください。

申し込む際に絶対に必要なのは、ご本人様であると確認できる公的な書類です。
運転免許証、健康保険証などが一般的ですね。
場合によっては必要となるのが、収入が確認できる書類です。
源泉徴収票、給与明細、確定申告などが該当します。

申込みの際には、かなり詳細なことを申告することになります。
氏名、生年月日、住所、自宅や携帯の電話番号はもちろんのこと、自宅の居住年数、家賃や住宅ローン、持ち家であれば名義人も聞かれることがあります。
他にも、勤務先の住所や電話番号、勤続年数、雇用形態、年収、会社の規模。
他の会社での借り入れ件数、借り入れ金額。
突然聞かれても、パッとすぐには答えられなさそうな質問も中にはありますよね。
慌てないで大丈夫ですので、落ち着いて、正確に回答して下さい。

②審査です!

審査の前に、必ず確認されることがあります。
正確には、申込みの前に確認されるはずです。
カードローンを扱う会社は、個人信用情報機関というところに加盟しています。
申告内容のうち、氏名や住所など一部の項目を含む、「申し込みがありました」という情報を、カード会社は自分たちが加盟している個人信用情報機関に、
登録するのです。
また、逆に、他の会社が登録した内容を照会して、審査の参考にします。
しかし、この個人情報信用機関は、ご本人様の同意なしには使うことができません。
同意しなければ、事実上、審査はできませんので、
これにはどうしても同意する必要があります。
「個人信用情報機関を使うってどういうこと?」と心配な方は、
詳細を別途ご紹介していますので、ご覧になって下さい。

さて、それでは審査が始まります
(審査で何が行われるかは、他で詳しくご説明しますのでここでは割愛します)。
このとき、あなたに出来るのは、待つことだけです。
もし追加で質問されたら、快く答えて下さいね。

③融資の可否と限度額が決まります

審査を通過しなかった場合は、ここで終了です。
残念ですが…とお断りされます。
「なぜ断られるの?」と疑問な方は、他で詳しくご紹介していますので
そちらをご参照下さい。

無事に審査を通過すると、利用限度額というものが通知されます。
この範囲内であれば、自由に現金の出し入れが可能であるという金額です。
ただし、この利用限度額は、必ずしもお客様のご希望金額になるとは限りません。
限度額が大きすぎるので減らして欲しい、という要望は通るかもしれませんが、
その逆は、この時点ではかなり難しいでしょう。
希望金額より限度額が少なかった場合は、審査によって減らされたということです。
理由は様々なので一概には言えませんが、申告している状況が変わったり、
利用を続けていくうちに限度額を増やすことができる可能性もあります。
とりあえずここでは、通知された限度額でカードを作るとします。

④カードができます

カードが発行されるまでにかかる時間は、カード会社や契約方法、
その他混み具合などにもよります。
消費者金融では、カードのスピード発行をアピールポイントのひとつに
しているところも多いですね。
中には、30分とか1時間と謳っている会社もあります。
店頭窓口や、無人の自動契約機であれば、申込みからカードの受け取りまで
その場で完結できるので、来店が容易な人には特に良いでしょう。
電話やインターネットで申し込んだ場合は、店頭窓口や自動契約機に
カードだけ発行しに行くか、郵送で送ってもらえることもあります。

⑤お金を引き出しましょう!

カードができたら、いよいよ現金を引き出します。
その会社のATMはもちろんのこと、最近では、コンビニに
設置されているATMなどでも利用できることがあります。
ご利用会社によって異なりますので、調べるか問合せしてみるのがいいでしょう。

基本的には、このカードを使って入出金を行います。
会社や契約内容によっては、お客様の銀行口座に直接お振込で
融資できることもあります。

⑥毎月1回、返済日には返済を!

お金を出した翌日から、利息がつきます。
毎月の返済では、この利息と、引き出したお金…
つまり元金を、分割で返済していくことになります。
ボーナス時や、お財布に余裕のあるときは、繰り上げで返済すると
利息が安く済みますのでオススメです。
返済した元金は、必要なときには、また引き出して使うことができます。

いかがでしたか?
大体の流れはイメージして頂けたでしょうか。
それぞれ詳細を説明しているところもありますので、
気になる方はまたご覧下さいね。