1. >
  2. >
  3. 億万長者になっても根っこの人生は変わらない 何をするかが一番大切

億万長者になっても根っこの人生は変わらない 何をするかが一番大切

世界中の億万長者全員にアンケートを取ることは不可能ですので臆測になりますが巨額の富を得た人は人生はお金ではないと気がつく。という人が多いです。

社会貢献をし世界中から称賛されるというお金が間接的に必要な功績で人生が違ってくるというのは間違いなくあるでしょう。

しかし、生まれ持って何がしたいかというのはさほど変わらないのではないでしょうか。実際に億万長者になってみないとホンネはわかりませんが。

世の中の大半の事はお金では解決できますがお金で解決できる事は実は価値がない事とも取れます。もしかすると巨額の富を得た人達はお金で手に入らないものに対し価値を感じているのかもしれません。

学生から社会人になり出世していくと少なからずお金の価値が減少していく

我々一般人でさえ、子供の頃は1万円を大金と感じ社会人になり100万円が大金とおかねへの価値が変動していきます。ポケットに握りしめた100円で駄菓子屋に行く時のワクワク感を30過ぎた大人が感じる事はもうできませんし初めてのアルバイト代で頑張って買った親へのプレゼントも同金額では達成感が違ってきます。

こういう心境は一般人の我々でもありますよね

無理やりカードローンをするのは話が違ってきますが本当に欲しいものというのはその時に手に入れる事がお金以上の価値を見出すのではないでしょうか。

背伸びする=適当ではないという事

カードローンで失敗する例としてはおそらく適当、必要のない物事に利用する。 という事が多いのではないでしょうか。本当に必要な物は、吟味して迷いそれでもやはり必要だし生活が変わるから意地でも手に入れる。類の背景があると思います。

だから満足するのかもしれませんね。 妄想中心論ですが一般人の私が満足するプロセスと富豪のプロセスを比較、および満足とはを考えてみましたが、満足するプロセスが吟味し必要だからなけなしのお金を買う背伸びの行為自体が幸福度と考えたとき、やはり既に富豪の方はそういった経験はもうできない状態なのかもしれません。