1. >
  2. >
  3. お金がない時借りられないようにする方法

お金がない時借りられないようにする方法

残高が減らない~家計簿のススメなどで、お金を借りる話ばかりしてきましたが、
ここでは逆に、「借りられない」方法をご紹介します。
どうしてそんな方法が必要なの?と思われる方も
いらっしゃるかもしれませんが、多くないケースとはいえ、
借りられないようにしてほしいという希望は実際にあります。

まず、借りられないようにしたいと希望されるのは、
借りている本人ではなく、ご家族の場合があります。
特に、配偶者やご両親などです。 借り入れをご家族に秘密にしていて、
バレてしまったときに、二度と勝手に使えないようにということですね。

借りている本人からの希望の場合は、理由が異なります。
借り過ぎ防止のために、借りられないようにしてほしいというものです。

いずれも、とりあえずは利用している会社に連絡してみましょう。
会社によって対応は異なると思いますが、新たな融資はできないようにするとか、
ご家族の承諾が無ければ使えないようにするとか、
なんらかの手段を講じてくれる可能性はあります。

借りられないようにした時の心配点

心配な点が残ります。
借り入れが止められるのは現在利用している会社だけで、
他の新しい会社に申し込むかもしれないという点です。
それもなんとかしたいのであれば、

【貸付自粛制度】

という、強力な借り入れ防止手段があります。
これは、日本貸金業協会が行っているものです。
この制度を利用すると、貸金業者が加盟を義務付けられている
個人信用情報機関に、日本貸金業協会から、
「この人は貸付自粛対象者ですよ」という情報が登録されます。
貸金業者はふつう、融資の審査を行う際には、
この個人信用情報機関で顧客の情報を照会しますので、
その時点でこの情報が登録されていれば、まず融資は行いません。
この個人信用情報機関には、貸金業者以外にも、銀行や信販会社など、
ほとんどの会社が加盟していますので、そちらでもおそらく考慮はされるでしょう。

貸付自粛制度の注意点

この方法を使う際には2つ注意点があります。
1つは、本人しか使えない方法であること。
もう1つは、3ヵ月間は撤回できないということです。
ただし、本人が借金を理由に失踪している等の要件を満たせば、
親族でも利用することはできます。

また、本人であれば、個人信用情報機関に直接、
自分のコメントを登録することも可能です。

ちなみに、カードが手元にあると使ってしまうから
カードを捨ててしまう、という人もいます。
カードは再発行ができますし、振り込みで融資をしてくれる
ところもありますので、貸付自粛制度に比べれば抑止力は少ないでしょうが、
やってみる価値はあると思いますよ。借り過ぎ自粛のためなら、
利用限度額を小さくしてもらう、などの方法も有効です。