1. >
  2. >
  3. 保証協会付きの小口融資 信用保証協会の話し

保証協会付きの小口融資 信用保証協会の話し

<銀行融資の基本とは>

銀行における融資は、その資金の原資が元本と利息の償還を保証している預金であることから、その貸付は安全確実に実施されるものでなければなりません。その原資が例えば投資信託の様に元本の償還を保証しないようなものであれば、銀行はもっとリスクを取って様々な業種や企業にどんどん融資出来るかもしれませんが、銀行の預金は元本と利息の償還を預金者に対して保証しています。

因みに本件の主題から少しそれますが、投資信託やファンドの様に、不特定多数の投資家から資金を集めて有価証券投資を行うスキームと、銀行が預金者から預金を集めて企業に融資するスキームとの根本的な違いは、その投資や融資先のリスクをだれが引き受けるのかという点に尽きます。投資信託の場合は、投資に関する様々なリスクは投資家が負担し、銀行融資におけるリスクは銀行自身が負担するのです。

<保証するという事>

ですので銀行融資の場合は焦げ付きが多く発生したり、計画通りに貸付金の回収が出来なくても、預金者への利息や元本の償還は行わなければならないのです。この意味において銀行の融資は、確実に回収出来るものでなくてはならないのです。

その為銀行融資の債権を保全する為、又は銀行が安心して融資出来るような様々な形態のもが存在します。担保を取ったり、保証人を付けたりする事はその最たるものです。そのほかに今回の信用保証協会の保証制度というものがあります。保証人とは、ある人や企業が銀行から融資を受けるに当たって、「その人や企業が、きちんと最後まで返済していけるという事」を当該銀行に対して保証するものです。 ですのでもし万が一その人や企業が返済不能に陥った時、保証人は代わりに銀行に返済する義務を負うのです。これが保証人の簡単な仕組みですが、その保証人が今度はきちんと銀行に対して支払って行けるのかどうかというのは、全くの別問題です。

<信用保証協会の基本的仕組み>

信用保証協会というのは「信用保証協会法」という法律に基づいて設立された公的な機関、いわゆる特殊法人です。その「信用保証協会法」とは、中小企業者等が銀行その他の金融機関から貸付等を受けるに時、その債務を保証することを主たる業務とする・・・とあります。つまり公的な機関が銀行に対して、企業が融資を受ける時保証人になってくれるという、銀行にとっても中小企業にとってもありがたい制度なのです。

銀行に取って、この信用保証協会の保証が100%付いている融資はノーリスクです。つまり債務者がどう転ぼうが最終的にはこの信用保証協会の保証があれば、焦げ付きは発生しないのです。信用保証協会は公的な機関であり潰れる事は無いからで、銀行にとってはある意味、どんな担保や保証人よりも優れた債権保全制度なのです。

銀行はその制度の仕組み上、この保証協会の保証制度を過度に利用したがる傾向にあります。この保証制度は中小企業にとってもありがたい制度と書きましたが、この信用保証協会が銀行に対して保証する為には、勿論審査もありますが実は「保証料」が必要なのです。勿論その「保証料」は中小企業が負担します。金額もそう大きくはありませんが馬鹿にはなりません。「保証料」は融資金から控除されますので、通帳に融資金が振り込まれた時は既に「保証料」支払われているのです。

<信用保証協会付き融資を受けるという事>

以上が簡単ではありますが信用保証協会の保証制度です。銀行が融資しにくい様な申し込み、例えば返済は可能であるが担保が無い時、例えば事業を開始して期間がそんなに立っていない時、例えば担保はあるが返済に若干の不安があるような時、そんな小口資金の対応を保証協会付き融資で対応します。小口と言っても、保証制度の中には3億のものとか4億のもの等も存在します。

最終的にその企業に融資する、しないの判断をするのは銀行ですが信用保証協会付き融資であれば、基本的に信用保証協会がその企業の保証を行うかどうかの判断を行います。逆に言うと信用保証協会の保証があれば銀行は融資を行うし、余り銀行審査をしないのが実情です。この意味からして、企業が保証協会保証付き融資ではなく銀行独自の審査で承諾になって、融資を受ける事が可能となった時初めて銀行との対等な関係を結ぶ事が出来たと言えるのかもしれません。