1. >
  2. >
  3. プロパーローン デメリット デザイン性が高いカードローン

プロパーローン デメリット デザイン性が高いカードローン

需要はかなり少ないと思いますがローンカードにデザイン性を求めている人も中にはいますね。比較して多いのは逆にカードを持ちたくないという需要でカードレス(カードなし)で借りれるといったサービスはありますね。

さて、デザイン性は、実際、消費者金融等ですと一言でいえば洗練されているモノはない気がします。

銀行カードローンはどうでしょうか。どちらかと言えばシンプル。男性的なデザインで普通に持つことに支障はありませんが、デザイン性があるか?と問われるとこれも微妙です。キャッシュカードと一体型にしても、キャッシュカード自体もシンプルですからね。

どうしてもデザイン性が高いカードが欲しいのであれば
クレジットカードのキャッシング枠を検討すればいいのは沢山

実際はクレカのキャッシング枠はリボ払いで3000円月々返済形式などが多いのでお勧めはしていないのですが、デザイン性を求める場合は、そもそも借りる頻度が少ない気がしますので、ちゃんと返済するときのリスクを理解したうえで借りてください。

そういった理解があるうえで作るならクレカが良いのではないでしょうか。 クレジットカードはプロパーカードと提携カードなどがあるのでデザイン重視で 発行枚数を増やそうとしている会社が結構多いです。

往年のアニメキャラとコラボ、ワールドカップ限定モデル、女性受けを狙ったファッション系企業とのコラボなど、各種ターゲットに沿ってデザインされたものがあります。

期間限定だとか、組み合わせなどを考えると1万種は大袈裟かもしれませんが、圧倒的に消費者金融等のカードローン専門カードよりはデザイン性が優れていると言えるでしょう。

気をつけてほしいのは年会費が有料の場合がクレカではある

デメリットといいますか、そもそもがクレジットカード機能が使いたくて作る人がほとんどですので、消費者金融と比較するべきところではないのですが、年会費が有料の場合がクレカではあります。

先ほどのアニメなどのコラボ等の場合は意外に無料が多いですが、 かっこいい系を求めると、ゴールドカード、プラチナ等の種類になることが多いです。 いまどきゴールドを持っていればステータスとはいかないですが、無料との差別化で デザイン性をカッコよくというのは大体のカード会社が実施している戦略といえるのかもしれません。

根本的にカードローンって人に見られたくないモノじゃない?

根本の話になりますが、デザイン重視の人に一言モノ申すと、カードローンにデザインを求めて何をするんでしょうか。自分で眺めて満足するの!って事なら文句は無いのですがカードローンは基本財布の中にいて、お金をATMから引き出す時に使いますよね。 それ以外は人目どころか自分で見ることも少ないかと。

クレジットカードデザインが洗練されていたりブラックやプラチナを敢えて作っているのって食事のお会計時にサっと出した時、「やだプラチナじゃない」というのがわかるからデザイン性高くしているのかと思うんですよ。

ま、あくまでも個人の見解ですが消費者金融や銀行カードローンのカードにデザインは必要ないんじゃないかなあと思うんですよ。

そのあたりも踏まえて検討してくださいね。