1. >
  2. >
  3. キャッシングと利息0円サービス

キャッシングと利息0円サービス

<キャッシング利息0円サービスとは>

キャッシングをして利息がつかないというサービスがあります。そういったサービスが始まったのは随分昔の様に感じますが、お金を借りても利息がつかないという事は、資本主義経済のシステム上あり得ない事=何か条件があったり、裏があったりする、のではないかとずっと個人的には思っていました。しかし、今回そのサービスを調べて見てその様な考え方は、単なる先入観だという事に気付きました。

そして調べて見て分ったのは今やキャッシングを利用して、利息がつかないサービスを行っているのは消費者金融だけではなく、大手や地方の銀行でも行っていという、まぎれも無い事実でした。今回はキャッシング無利息サービスについて考えて見たいと思います。

キャッシング無利息サービスの名称は金融業者によって違います。‘金利0円サービス’‘無利息ローン’‘無利息キャンペーン’等あるようですが、基本的に皆ある一定の期間につきキャッシングの利息を0円にするというものです。勿論審査項目ですが、多くの場合は無理な条件は付与しているようには見えません。

その内容は金融業者によって幾つかの個別の違いはありますが、大まかに言ってサービス期間中に完全に利息を0円にするケースと、最初は普通に利息が発生するのですが、後から定められた日に一括してキャッシュバックを行うという2つのケースに分れる様です。

<消費者金融のケース>

では実際にキャッシング無利息サービスとはどんなものなのか、見てみたいと思います。例えば消費者金融A社の場合は、契約日の翌日から30日間のキャッシング利用残高に対する利息が0円としています。条件はA社の利用が今回初めてであり、35日返済を契約した方とあります。つまりカードローンの契約後30日間利用したキャッシングは利息がつかず、31日以降の残高についてから始めて利息が発生するというものです。要するに、契約開始後にいくらキャッシングを利用しても、31日目以降の残高を0円にしておけばその期間中じは利息がつかないのです。

消費者金融B社の場合は、条件が始めてB社を利用する事と、eメールアドレスの登録とweb明細利用です。B社もA社と同様に30日間のキャッシングに関する利息は0円ですが、他に利用に関す内容でA社との違いは、‘契約開始後’ではなくて借入利用開始後‘です。どちらも30日間のキャッシング利用の利息は0円ですが、勿論元本の返済は発生します。

<銀行のケース>

C銀行の場合はキャンペーンを実施して、条件にあえば15年7月1日から8月31日迄この期間にキャッシングを利用して支払った利息を、10月上旬に一括してキャッシュバックして、借主の口座に返金するというものです。条件とはキャンペーン期間中に新規にカードローン契約をした方、もしくは既にカードローンの契約があってもカードローンの利用残高が0円の方とあります。

つまり、この期間中におけるキャッシングの利用については、利息は通常通りに発生して返済していかないといけないものの、その支払った利息は後日一括して戻します、というサービスです。銀行系のカードローンにはこのタイプが多いようです。タイムラグはあるものの、実質的に利息0円サービスには違いありません。

キャッシングの利息0円サービスは消費者金融が最初に始めたサービスで、それを最近銀行等が追随して始めたものです。ここまで小口金融の競争は激化しているという事で、一昔前では考えられない事です。キャッシング0円サービスは借りる側にとっては朗報です。利用出来るのであれば利用するに越したことがありません。

又このサービスのある金融機関のカードローンを複数利用すれば、一定期間中の利息支払いはしなくて済むケースも考えれらます。しかしこのサービスを利用するには自己管理をしっかり行い、計画的に利用する事が前提である事あは言うまでもありません。