1. >
  2. >
  3. キャッシングとカード不正利用

キャッシングとカード不正利用

<カード盗難・紛失保障制度>

通常キャッシングを利用する時は、利用する消費者金融会社から貸与されるカードを利用する事になります。よくあるのは財布などに入れてあったカードが盗難にあって、そのカードを利用されるという不正利用にあうケースです。消費者金融会社は、こうしたある一定の状況において不正利用の被害に遭った場合について、損害を保証してくれます。いわゆる「カード盗難・紛失保障制度」といわれるものです。

「カード盗難・紛失保障制度」について幾つかのカード会社の規約を確認して纏めてみました。

【1】保障制度の内容

  • ・当社が会員に発行するカードが、紛失盗難その他の事由により他人に不正利用された場合、会員が被る損害について保証する

【2】保障期間

  • ・本制度は会員のカード会員資格存続中は毎年自動更新となる

【3】保障の要件

  • 1. カードが紛失又は盗難にあった事を知った時直ちにその旨を当社及び最寄りの警察署へ届け出ると共に、当社所定の様式の書類を当社へ提出する事
  • 2. 不正利用があった日から60日以内に前項①の届出を行う事

【4】保証されない損害

  • ・以下の内容のいずれかに該当する場合は当社は保証せず、その不正利用の損害は会員が負担するものとする
  • 1. 会員の故意又は重大な過失によって起こった場合
  • 2. 会員の家族、同居人、留守人、又は会員の関係者によって使用された場合
  • 3. 他人に譲渡、貸与又は担保差し入れした事により不正利用された場合
  • 4. 会員規約に違反している状況において紛失、盗難された時
  • 5. カードの署名欄に自己の署名がない状態で、損害が発生した場合
  • 6. カードの損害にあってから60日以降に当社に連絡した場合
  • 7. 会員が当社が請求する書類の提出を拒み、又は当社が行う被害状況の調査に協力しない様な場合

消費者金融のキャッシングカードに限らず、銀行のキャッシュカードを含めたカードの紛失や盗難に気付いた時は、何よりもまず第一にカード会社に連絡する事です。多くの金融機関は得以上時間以外にも受付けていますので早めに連絡する事です。現在ではコンビでのATMで深夜の利用が出来るので、盗難にあったその日の内にカードから現金が引き出されるような事がよくあります。ですので直ぐにその金融機関に連絡する事が大切なのです。

紛失や盗難に遭った事実を伝えると、銀行のキャッシュカードであれば出金の停止を、消費者金融のキャッシングカードであれば、貸付の停止をしてくれる筈です。

上述した内容は殆どのカード会社の規約に記載されていて、その主な内容も殆ど同一です。恐らく扮失・盗難について消費者金融会社自身が保険を掛けていて、その保険金支払事由と支払われない事由が決まっているものと推察されます。

注意したいのは保証されないケースです。不正利用にあった原因がその人の故意又は重大な過失だった場合、その損失は保証されないようです。故意については当然でしょうが重大な過失とはどんなケースでしょうか?

例えば、暗証番号を生年月日にしていて、運転免許証と一緒に盗難に遭い現金を出金されたようなケースは利用者の重大な過失と考えられます。他には暗証番号を忘れない様にする為にその番号を書いたメモ用紙をカードと一緒に財布に入れていた所、財布ごと盗難に遭ったようなケースも、利用者の重大な過失と考えられます。ですのでこの様な、金融業者に届出をしても、保証されないと考えられます。

他に注意したいのは、カードの利用規約に反した状態での不正利用に遭った時には保証されないという事です。普通はカードは他人に貸したり質入れしたりする事は禁止されています。その状況下で盗難・不正利用されても保証されないという事です。カードの署名欄に署名するような事は、通常規約の冒頭に記載されている事です。この署名がない状態での不正利用についても、保証しないと書かれています。要するに規約違反という事です。

カードの利用するに当たっては細心の注意をもって保管する事が大切だという事です。そして万が一盗難に遭った時は、普通はそれに対処する保障制度があるという事を知っておいた方がよいでしょう。