1. >
  2. >
  3. キャッシングで返済に困った時~日本クレジットカウンセリング協会

キャッシングで返済に困った時~日本クレジットカウンセリング協会

公益社団法人日本クレジットカウンセリング協会(=以下JCCO)という組織が存在します。JCCOとはクレジットや消費者金融からの多重債務に悩む消費者の生活再建の為、公正中立的な立場から問題解決に取り組んでいる事を目的とした組織です。多重債務者発生の未然防止とクレジット業界の健全な発展をその設立趣旨としています。

又一度多重債務に陥った人に対しては、消費者保護の観点から適切な生活指導を行いつつカウンセリングを行い、多重債務からの更生・救済を図る事を目的としています。内閣総理大臣の認可を受けた公益法人ですので、カウンセリング等の費用は一切かかる事はありません。今回はこのJCCOについて調べて見たいと思います。

<JCCOのカウンセリングの流れ>

1. 電話相談

  • ● 多額の借入金に困った場合はまず多重債務ホットライン、電話相談からスタートします。
  • ● 債務に関する内容であれば何でも相談に応じます。
  • ● 相談内容に応じてカウンセリング(面接)の予約を受け付けます。
  • ● 電話相談は無料です。
  • ● 相談に応じられる内容は以下の通りです。
  • ・債務が消費者信用の利用に応じて発生したもの
  • ・債務が消費生活から生じたもの
  • ・債務の弁済意思がある事
  • ・本人が当カウンセリングセンター又は相談室に来所可能である事等

2. カウンセリングの受付

  • ● カウンセリングセンター又は相談室にて、弁護士及びアドバイザーが面接をします。その相談の内容により、相談者に最もふさわしい解決方法を相談、助言します。
  • ● カウンセリングの内容により、JCCOの介入にて、債務整理が可能で相談者が希望する場合は、無料で任意整理を行います。そうでない場合、個人再生や自己破産の手続きが必要と判断された場合は、弁護士協会等適切な機関を紹介します。その場合カウンセリングはそこで終了します。

3. 任意整理の手続開始

  • ● 債権者に対して取り立て行為の中止等を求めます。
  • ● 相談者と相談しながら弁済計画を策定します。
  • ● センターが債権者と交渉を開始します。
  • ・任意整理が困難である場合はその他の債務整理の方法に移行し、弁護士協会等の適切な機関を紹介してカウンセリングは終了します。
  • ● 弁済契約の締結を行います。
  • ● 弁済契約に基づき相談者が弁済を開始します。
  • ● 完済によりカウンセリングは終了します。
  • ● 任意整理に関する手続きの費用は一切かかりません。

<弁護士と有資格のアドバイザーがカウンセリングを行います>

カウンセリングを行うカウンセラーは弁護士会から推薦された、「弁護士カウンセラー」と経済産業大臣の指定する団体の認定試験に合格した「消費生活アドバイザー」が行いますので、安心して相談が出来ます。カウンセリングは、債務整理の方法等の法的手続きな面と、生活再建の為の家計カウンセリングの両面から行われる事になります。カウンセリングは無料です。

以上が簡単ですがJCCOの概要です。大きな特徴はカウンセリングを行った上で、任意整理が可能であるのであれば、手続きを無料で行ってくれるというものです。筆者は正直言ってこの組織を最近までよく知りませんでした。認知度がさほど高くないので他にも良く知らない人が結構沢山いらっしゃるのではないかと思います。

任意整理とは、最も多く利用される債務整理の中の一つの手段で、個別の債権者に対し債務の利息カット等を交渉して数年で支払いが出来るようにする方法です。普通弁護士や司法書士に依頼しますが、費用が数万円掛かります。この弁護士や司法書士が行っている業務をこのJCCOが行ってくれるという事です。

対象となる債務に幾つかの条件はあります。事業性資金の借入やギャンブル等によるものは対象外で、あくまで消費生活による資金を借入を、消費者信用からも借入を目的としていまので、通常の消費者金融からの生活資金での借入は対象となります。ですのでもし万が一多重債務に陥ってどうする事も出来なくなってしまった時、弁護士や司法書士に相談される前に、このJCCOに一度相談する事を検討する事をお薦めします。

只難点はセンターの拠点が極端に少ない事です。全国に13の拠点しかありません。カウンセリングはセンターへの来所が条件となっていますので、遠方からの来所は非常に困難と言えます。ただJCCOは現在このセンターの拠点を増やすようにしているという事です。