1. >
  2. >
  3. カードローンの「質」って何?目で見えない部分も良質さを図る物差し

カードローンの「質」って何?目で見えない部分も良質さを図る物差し

矛盾が発生する内容ですが、「質」ってどの部分が最重要項目なのでしょうか? 当サイトでもTOPページで選ぶ際の重要な6つを提示していますがこれは一般的な 数字だけをみた「質」です。

カードローンも小規模サービスを含めると数千ものサービスがあると言われており 数値だけで判断するとどれもレベルが均衡しているのが現状ではあります。

人によっては審査が早ければ早いほど質が高いというでしょうし、ある人は限度額が高くなればなるほど僕が求めているものだから質が高いよ。という話にはなりそうです。

例えば携帯電話は主要キャリアが3社しかありません。電波的な兼ね合いがあるので多くの企業が参入できない事情もありますが料金は大体どこも同水準の価格でしょう。こういった異業種にヒントが隠されているのではないかと思いました。

数字だけじゃないその会社の歴史や努力も質として見てもいいかも

先ほど解説した数字的な話は対使う人の利用目的に左右されるのですが この歴史とか今までの努力というのはなかなか目に見えないものである為 知らないうちに判断基準として選んでいるのではないかなと思います。

新しく始まったサービスはおそらく既存のサービスを研究し一定水準のレベルを目指してくるでしょうから機能としては状態の良いものが初期から整うでしょう。 例えば50年前の今の大手サービススペックと今の小規模カードローンを比べた時に後者の方がレベルが高いという意味合いです。

でも、不可能な話ですが、時空を超えることができるとして大手と小規模のサービスどちらを取るかと言えば大手を取る人のほうが多いのではないでしょうか。

信頼性という強さは大手が圧倒的ですからね。さて、でもこの信頼性ってなんなのでしょう。大手と一言で言うのは簡単な話です。今現在も運営してきたから大手であり過去は大手ではなかったわけで、時空を超えた歴代のサービスを比較できたとしてスペックが劣っても大手を選ぶというのは継続しているから安心するというのが答えなのかもしれません。

ちょっと良く分からない文章ですが、歴史を刻んでライバルのマネとかじゃなく自社で全ての機能を開発してきたという先駆者はどこの業種でも強いです。

多くのノウハウがあり、そのノウハウはユーザーの事をきちんと考え歯がゆいところに手が届くように考えられているからではないかと思います。

まったく同じサービスに見えても目に見えないところで頑張っているサービスは「質」が高い。と言えるのではないでしょうか。