1. >
  2. >
  3. アルバイト時代に借金の是非~確かに年を取ると学生時代(大学)は貴重な時間

アルバイト時代に借金の是非~確かに年を取ると学生時代(大学)は貴重な時間

今回は賛否ある議題です。学生時代や若い頃は借金をしてでも苦労しろ。と言いますが苦労というか経験をしろというのが正しいのではないでしょうか。

苦労や悲劇のヒーローヒロイン症候群の方が多いので苦労のほうが心に刺さるのかもしれませんが、経験は苦労だけではない喜びもあるはずです。

学業も大事だと大人は言いますが、そういう意見をいう大人に限って学業をおろそかに生きてきた人も多いと思うのは私だけではないはずです。

私は学生時代、学業は頑張ったほうだと思いますが、もっとサボって旅行や趣味に時間を割くべきだったと考えています。結果論ですが、社会に出てから経済や株などを学ぶより若いころに身に付けたほうが30歳くらいになる頃には周りに差がつけられると思います。

株や経済だけではないすべての事象がそれにあたる

なにも株をやれというわけではなく、行動を起こすことを若いころからしていくべきだと考えます。行動のすべてにお金がかかるわけではありませんが、金銭が発生する行動のほうが価値があるものが多いです。しかも身銭を切るわけですからそれなりに意識を集中すると思います。

暇つぶしのパチンコの為に借金をするのはいけませんと個人的には思いますが、もしかすると確立論や立ち回りの決断が仕事に生かせているという人もいるかもしれません。 極論を言うと、何も行動を起こさないということは生きていないということだと思います。

今すぐに見つからなくても何か環境を変えてみるとかでも最初の一歩でしょう。 例えば、実家暮らしの大学生であれば親元を離れてみるとか。カードローンをしてではなくアルバイトを必死で3~4ヶ月すれば、親元であればですが引っ越し代くらいは稼げるでしょう。

でも親が反対するから。。。という声が聞こえてきそうです。

親の反対があなたの正直な感情ではないはずです。もし、少しでも自分の人生に前向きになる行動だと考えられる物ならば、時には親の反対も押し切るくらいのことは必要です。結果的に将来親のせいになってしまうかもしれませんから。