1. >
  2. >
  3. 絶対融資が必要!やっぱり担保がなければ貸せないのか?

絶対融資が必要!やっぱり担保がなければ貸せないのか?

担保って必要?

「銀行は担保がなければ融資しないの?」という質問を受ける事あります。担保とは融資を受けるに当たり抵当に入れる物件の事です。担保物件は預金や絵画骨とう品、保険の満期金でも何でも可能ですが、圧倒的に多いのはやはり不動産です。

ある年商1億円の会社aが新規出店をする為の土地を1,000万円で購入する計画をたてました。そこでA銀行に800万円の融資を申し込みをした所、購入物件を担保を入れる条件付きで承諾になりました。担保に関してはこういう話しが一般的で、この会社はあまり抵抗なく担保を入れる条件をのむ筈です。仮に別のB銀行に申し込んでも、金利等の条件面で差はあるかもしれないものの、同様の担保条件が付く事は容易に想像出来ます。

では規模がもっと大きな、年収100億円、年間の利益10億の無借金企業bが、10億円の土地を新規取得する為5億円の銀行融資を申し込みをした場合はどうなるでしょうか?答えは決まっている訳では勿論なくケースバイケースですし、銀行によって様々でしょうが無担保での融資も十分考えられます。企業bのケースでA銀行が担保条件を付けて来たなら、企業bは銀行Bに融資相談に行く可能性があり承認になる可能性があります。

担保に対する基本的な考え方

「銀行は担保がなければ融資しない」と考える事は明らかに間違いです。銀行が担保を取る一番の理由は貸出し債権の保全です。融資金の原資が、元本と利息の償還を保証している預金である限り、銀行の融資は絶対に安全かつ確実でなければならないのです。ですので絶対融資金が間違いなく安全かつ確実に償還されると判断すれば、銀行は担保を取らずに融資します。ではどういう時に安全確実と判断されるのでしょうか?

いくつかのケースを考えてみましょう。例えば常時自行に預金が10億円ある企業cが運転資金1億円1ヶ月の借入を申し込みに来たような場合です。預金があっての借入の申し込みは企業の行動として決しておかしい事でありません。企業cは手許にいつもそれくらいの預金を置いている企業なのです。そういう企業cへの融資は安全と考えてよくはないでしょうか?勿論預金だけ見て判断する事は非常に危険ではありますが、判断の可能性として考えてみた場合です。

次は10億円程の無担保の不動産を保有する企業dが3ヶ月の短期融資1億円の申し込みをする様な時も同様に考えていいのではないでしょうか?勿論企業に貸す貸さないは銀行個別の判断です。銀行は最初から無担保で融資しましょうとは言わず、企業c、dどちらの会社に対しても最初は担保を要求する筈です。それで担保を入れる事を承諾すれば融資契約となる訳ですが、これらの企業には無担保という選択肢が考えられ他の銀行への打診するも検討出来るのです。

要するに担保に変わる別の何か、銀行が絶対に融資金が安心確実に償還されると判断されるものがあれば無担保で融資する事はあるのです。それは先の企業cやdの様に銀行に全く万が一の事を想像させない様な案件のようにハードルは確かに高いのですが、必ず担保が無いから融資しないという事はないのです。

無担保貸し出しとは

別のケースとして考えられるのは、例えば1億円の担保物件で5億円借入する様なケースです。このケースは完全な無担保ではありませんので先の企業c、dとは少し状況が違います。担保を取った上で残りの融資金額に無担保部分が発生するというケースです。このケースの審査では4億円の部分が無担保扱いとなり、その無担保に対する何か他の別のものが、あるのかないのかという話しになり基本的に考え方は先の例と同じです。

しかし1億円でも担保は入れる訳なので全くの無担保の案件ではありません。同じ4億円の無担保扱いの融資でも、全くの無担保4億円の案件と、1億円の担保を入れての4億円の無担保が発生する安家では、銀行が受ける印象が全く変わります。後者の方が審査をし易いつまり承認になり易い案件と言えます。

最後に銀行は実績を大切にしますので、長い銀行取引実績に加えて業績が上向きならば銀行も無担保部分の融資に前向きになって来る事があります。最初は1円たりとも無担保では融資しなかった銀行もそれなりの実績を作って行けば応じる事もあります。例えば1,000万円の担保で500万円しか銀行融資をしてくれなかった銀行が、長年の実績で1,000万円~2,000万円と融資してくれるようなケースです。銀行融資で無担保部分があるという事はかなりの信用力があると見て良いと思います。この様に銀行が担保を取る取らないはケースバイケースであったり力関係であったりで決まったりするのです。