1. >
  2. >
  3. お金を借りてはいけない相手 ⇒ 親友・恋人・取引先

お金を借りてはいけない相手 ⇒ 親友・恋人・取引先

お金を借りる相手についてはあまり議論されていないように思います。カードローンって実はあるべくしてある気がします。

誰かから借りると考えた時借りてはいけない相手

カードローン会社以外からお金を手持ちがなくて千円借りるとかライトな貸し借りではなくある程度まとまったお金を借りるとしたら誰に借りますか?

親友や恋人に100万貸してと言われたらどうする?

信頼関係が深い親友や恋人でも100万という非日常な大金を貸してと言われた時点でそれが縁の切れ目になってしまうかも。

実際、困り度にもよりますが私だったら親友にまとまったお金を貸してほしいと言われても絶対に貸しません。帰ってくるこないという話ではなくこなかった時のことを重視して考えるとまず親友を失うということになりますから。

やはり許すといっても多少の溝は生まれてしまうと思います。 恋人の場合も同様に基本的には貸さないです。100万って額が額だけに貸してと聞いてくる時点でちょっとおかしいと思いますので。

まあ状況次第にもよるというのはありますが、100万貸すというのは個人の間では普通ではないと思います。

この考え方は平均値というか、貸すか貸さないかどっちかで考えた場合ですが、 貸してと言われた側は少なからず気分が良いものではないはずです。 最悪の結果を考えた場合やはり亀裂が生じます。

貸さないよと答えられた場合、なんとなく気まずい。貸した場合も帰ってこない可能性もある。結局思うのは「貸して」と聞くなが大正解かと。

取引先が倒産しそうだ頼むから100万円貸してくれ!

個人じゃないケースもあると思います。まあそんなにこんなケースは稀ですが、事業をやっている人で小さめの会社さんとの付き合いが多い場合にあるんじゃないでしょうか。これも貸さないが正解でさっきと一緒で聞いてくるなよという話です。

金の貸し借りは基本的に貸してと聞いた時点で何らかな歪が生まれると思う

お金は他人の場合100%ではなくても聞いた時点で歪が発生する。 肉親でさえ過度な貸し借りをしお金で家族関係がバラバラというケースだってあります。

だから人間関係が出来上がっている相手に貸してって言わないほうが思うんです。

そう考えるとカードローンという組織はそんな人間関係を考えなくていいので合ったほうがいいとも言えるかなあと思うわけです。

借りない事が1番、借りる相手は身内以外が2番!?

普通の感覚であれば身内から借りる事は避けるのが自然だと思います。 でも現金をどうにかしなければいけない。そしてカードローンは既に借りていて限度額も一杯。

こういった形で追い込まれてしまった場合に知り合いに相談することは あると思います。情報収集も焦って出来ない状態かもしれないので気持ちは分からなくはない気がしますが、そういった場合は弁護士に相談をしましょう。